広島市内から1時間で行ける天然温泉!神楽門前湯治村の魅力を紹介!

「広島市内から気軽に行ける天然温泉はないかな~?」

「高齢の両親も楽しめる温泉に行きたいんだけど、どこが良いかな?」

こんなあなたにおすすめなのが、安芸高田市にある「天然ラドン温泉 神楽門前湯治村」です。

神楽門前湯治村(かぐらもんぜんとうじむら)は大自然の中にあり、昭和の街並みを再現して作られた温泉宿。

年配の方はどこか懐かしくなるような感覚になると思います。

さらに温泉だけではなく、専用のステージで神楽も上演されているので、 お子様から年配の方まで幅広く楽しめる場所になっています。

広島市内から1時間程度で行ける距離にあるので、親子三世代で行くのに丁度いい距離にあります。

今回は神楽門前湯治村の魅力を紹介します。

 

神楽門前湯治村に入ると、レトロな街並みが広がっています。

この投稿をInstagramで見る

 

たぬさん(@kantaidong)がシェアした投稿

個人的にはこのゆったりとした空気が大好きで、休みの日の午後にぷらっと訪れています。

湯治村はそこまで広いわけではありませんが、温泉、食事処、宿泊施設、神楽ドームなどがコンパクトにまとまっている感じです。

天然ラドン温泉 岩戸屋

湯治村に入ってすぐ右手にあるのがメインとなる天然温泉。

「岩戸屋」という名前がついています。

この投稿をInstagramで見る

 

ayatatsuさん(@aya_ta_tsu)がシェアした投稿

大浴場はかなり広く、外には風情のある露天風呂があります。

さらに2階に上がるとバルコニーがあり、そこにはジェットバス付きのお風呂があります。

2~3人くらいしか入れないので競争率は高いですが、タイミングよく空いていれば夜空の星を眺めながら入浴することもできます。

その他にも寝湯、水風呂、サウナなどがあるので、ゆっくりと過ごすことができます。

神楽門前湯治村の温泉の効能は?

神楽門前湯治村の温泉は天然ラドン温泉。

天然ラドン温泉は別名がラジウム温泉と言われていて、体の溜まった老廃物を除き、自律神経系の回復や様々な病気に効果があります。

神楽門前湯治村の天然ラドン温泉も、神経痛、高血圧症、動脈硬化などに効果があるそうですよ。

実際に入ってみると、温泉のお湯はなめらかで肌がしっとりする感じがあります。

私は温泉だけ入りに行きますが、特に露天風呂は格別です。

市内などと違い、周りにビルや建物がないので空がすごくキレイに見えます。

あなたもきっと「こんなに星空ってキレイだったんだ~」と思うはずです。

さらに、夏にはホタルも見れるかもしれません。

岩戸屋の温泉に入る時の料金は?

岩戸屋の料金は下記の通り。

入り口のシューズボックスに靴を預けてから受付で支払いを済ませましょう。

岩戸屋の入湯料

料金 大人(中学生以上)700円
小人(4歳〜小学生)400円
幼児 無料
営業時間 10:00-21:00
(宿泊者→24:00まで。朝は6:00-8:00も入浴可能)
タオルは別売り150円 レンタル100円

神楽ドームで神楽も見れる

神楽門前湯治村の温泉以外のメインが「神楽」です。

神楽というのは神社で奉納される舞のこと。

私の住んでいる広島県では、お祭りの日の夜に神社の神楽殿で奉納されることが多いです。

この投稿をInstagramで見る

 

安芸高田市観光協会さん(@akitakatakankou)がシェアした投稿

広島市内には、22の神楽団があり、祭りやイベントなどで今でもよく開催されています。

演目で言えば、スサノオノミコトが首が8つある怪物を退治する「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」が有名です。

ここ湯治村でも、神楽ドームにて定期公演されていますので、神楽のよさもぜひ知ってもらいたいです。

あの独特の鐘や太鼓の音色や雰囲気が、私は大好きです。

小さい男の子にも大人気で、私の甥っ子も神楽の大ファンです。

神楽門前湯治村は宿泊もできる

神楽門前湯治村には2件の宿泊処があります。

どちらも純和風の木造建物。

料金も利用しやすい価格になっています。

旅館 千両萬両

全5室(内2室には、内風呂があり)
1泊2食付き(夕食は部屋食)10000円〜

山や里や

全7室&全13室
1泊2食付き(夕食は食事処にて)8000円〜

詳細や予約方法は神楽門前湯治村の公式ページから確認してください。

食事は鹿肉やイノシシ肉がおすすめ

湯治村にあるお食事どころ「山里の美味と珍味 ふくすけ」では、珍しい鹿肉やイノシシ肉を食べることができます。

それ以外にも自家製豆腐やカツ丼、ヤマメの塩焼きといった田舎の美味しい食べ物がいっぱい。

ジビエ料理に興味がある人はぜひ挑戦してみてほしいですね。

アルコールも充実していて、ビールから地酒や利き酒セットまでありますよ。

ふくすけの他にもうどん・そばのお店、「権兵衛」や喫茶店もあります。

お土産はどんな物があるの?

湯治村の施設内には、お店がたくさん並んでいるので、ゆっくり見てまわってみてください。

ふるさと特産品や、自家製豆腐店、和菓子のお店、ハイカラパンのお店、駄菓子屋さん。

ちょっと変わっててオススメなのが「KAGURA WINE」です。

三次ワイナリーと神楽門前湯治村のコラボワインで、味は甘すぎずフルーティでとても美味しかったです。

お土産には喜ばれると思いますよ。

神楽門前湯治村への行き方!アクセス方法を紹介!

広島市内から車で向かう場合、下道を使えば1時間30分くらいで着きます。

高速を使えば約1時間。

中国自動車道高田ICを降りてから10分もかかりません。

駐車場は無料で300台止められるので、駐車場待ちというのは基本的にないと思います。

高速バスでいく場合は、広島バスセンターで「三次・庄原方面行き」のバスに乗りましょう。

美土里高速バス停で下車すれば、湯治村までの送迎バスがあります。(要予約)

広島バスセンターから湯治村までは全部で1時間くらいです。

田舎で湯治村の周囲には何もないので、できれば車で行くことをおすすめします。

まとめ

安芸高田市の魅力がたっぷりつまった神楽門前湯治村。

天然ラドン温泉で日頃の疲れを癒してみてください。

神楽門前湯治村の周辺には土師ダムや吉田郡山城といった観光スポットもあります。

土師ダムではサイクリングやキャンプ、テニスなどができ、大きい広場やアスレチックあるので子供も退屈しません。

桜や藤、紅葉の時期は特におすすめなので、土師ダムとセットで回るのがおすすめです。

歴史が好きな人は、毛利氏の本拠地だった吉田郡山城を訪ねてみて下さい。

【関連記事】

ペットと一緒に遊べる!サイクリングやお花見が楽しめる土師ダムを紹介!