雨の日におすすめの広島観光スポットランキングBEST10

広島には世界遺産が2つも登録されている他、お好み焼文化を楽しんだり、美しい瀬戸内海の歴史ある島々を見て回るなど、観光する場所が沢山あります♪

でもせっかくの観光も、雨などの天気が悪い中だと思いっきり楽しむことが難しいですよね…。

ですが、広島には雨だからこそ楽しさや美しさを感じられる観光地が沢山あります!

今回は、雨の時こそ訪れてほしい広島の観光地を、BEST10でご紹介します!

第1位:宮島(廿日市市宮島町)

第1位は、広島と言えば、誰もが一度は訪れたい「世界遺産・厳島神社を望む神の島・宮島」です!

島全体が世界遺産である宮島。

厳島神社、海上に堂々と立つ大鳥居、瀬戸内の多島美を望む弥山、可愛らしい瀬戸内の海の生き物がお出迎えしてくれるみやじマリンなど、島の中でいくつも観光スポットが存在し、見応えが凝縮されています!

宮島観光は島内を歩き回るので、足元が悪いのは多少気になりますが、雨の中、神秘的に佇む厳島神社や大鳥居の姿は、言葉にできないほど荘厳でどっしりとした雰囲気を味わうことができます。

晴れた日には感じられない神々しさを感じることができる事でしょう!

そしてスナメリなど瀬戸内の生き物やペンギンやカワウソとのふれあいが売りの宮島水族館(みやじマリン)は、室内で楽しむスポットなので雨でも影響がなくおススメです。ゆっくりまわって、半日は楽しめます。

また、グルメも豊富な宮島。

広島名物の牡蠣や穴子、もみじ饅頭はお天気に関係なくお店で堪能することができます。

敬遠してしまいがちな雨の日の宮島。

いつも大賑わいしている大人気の観光スポットなので、雨の日は静かで、ちょっとすいてる…というのも大きなメリットの一つです!

第2位:平和記念資料館(広島市中区)

第2位は、毎年8月6日にニュースでも中継される平和記念式典でおなじみの、平和記念公園内にある平和記念資料館。

原爆による悲劇や戦争の虚しさを後世に伝えるために建てられた資料館で、世界各国から多くの有名人も訪れます。

アメリカの元大統領のオバマさんも訪れ、折り鶴を進呈してくれました。

特に外国から来訪された方々は、皆真剣な眼差しで見学しています。

画像引用:ひろしま観光ナビ公式ページ

展示されているもののほとんどは被爆したご本人またはご遺族によって寄贈されたもので、焼け焦げた衣服やカバン、真っ黒になったお弁当箱など原爆の凄まじさを物語る大変貴重なものが多数展示されています。

広島県民のみならず日本人であれば一度は訪れ、平和の大切さを今一度、こころに刻んでほしいです。

雨の日は少し足が滑りやすいので、足元には十分気を付けてくださいね。

平和記念資料館

営業時間 8:30〜 12月〜2月/17:00、3月〜7月・9月〜11月/18:00、8月/19:00
入館料  大人(大学生以上):200円、高校生:100円、中学生以下:無料
休館日  12月30日~31日

第3位:縮景園(広島市中区)

第3位は、四季折々の景色と日本古来の雅な世界観を堪能できる回遊式日本庭園・縮景園です!

園内には池や小島、茶室などがあり、古き良き日本の情景を味わえる公園です♪

日本の歴史公園100選にも選ばれています。

画像引用:ひろしま観光ナビ公式ページ

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉など、四季を通して様々な表情を見せてくれるので、どの季節でも違った楽しみ方ができます♬

桜のライトアップや、紅葉の赤赤しさも見応えがありますが、しんしんと雨が降る庭園の回覧もなかなかのものです!

木々の葉っぱに雨の雫が滴っている風景や跨虹橋という小さな橋。

お茶会が開かれる清風館という建物が雨の情景にマッチしているところなど。

なんとも言えない趣を感じながら遊覧できるので、是非雨の時にも訪れてみてほしいです。

縮景園

営業時間 4月~9月 9:00~18:00、10月~3月 9:00~17:00
入園料  大人:260円、大・高校生:150円、中・小学生:100円
休園日  12月29日~31日

第4位:おりづるタワー(広島市中町)

第4位は2016年に世界遺産・原爆ドームの真隣にオープンした複合型商業施設おりづるタワー!

1Fはカフェや物産店があり、広島にちなんだものがたくさん販売されています。

展示も充実しており、広島の歴史を知ることができる観光施設です♪

一番の見所は、屋上の展望フロア(有料)にある『ひろしまの丘』!

広島の街を全方向から見渡せるウッドデッキの展望エリアは、開放的で落ち着きのあるスペースとなっています。
優しい木々の色合いと広島という街の風景が見事にマッチしているので、とても澄み切った気持ちで景色を楽しめます♪

他にも『おりづる広場』や『おりづるの壁』など、おりづるにちなんだ広島らしいエリアもあり、広島の歴史や平和への願いについて見聞きすることができます。

完全室内型なので、雨を気にせず過ごすことができます。
「おりづるの壁」は壁の中におりづるを投入することができ、これまでに投入したおりづるが蓄積されています。

みなさんの祈りがこもった折り鶴が積み上がっている様子を外観から眺めることもできますよ♪

おりづるタワー

電話番号 082-569-6803
チケット 大人:1,700円、中・高生:900円、小学生:700円、幼児(4歳以上):500円 ※1Fは無料
休館日 12/31

第5位:ジアウトレット広島(広島市佐伯区)

第5位は中四国最大規模の店舗数を誇る、佐伯区石内にオープンしたアウトレットモール、ジアウトレット広島!!

オシャレな景観と開放的な空間は一つの町のようにも感じてしまうほど。

アウトレットモールという名にふさわしいオープンなお店が軒を連ねているので、ショッピングを楽しめます。

建物内(1F)には飲食店やアミューズメント施設、ショッピングエリアがあり、雨を気にせず楽しむこともできます。

1Fには、VR体験コーナーや、スケートリンク、ボウリング、映画館などがあります。

ジアウトレット広島の中だけで様々な楽しみ方ができる施設が盛りだくさんなので、時間を忘れて満喫できます♪

駐車場は約4000台収容可能なので、大型連休や休日でもさほど待つことなく入場できるでしょう。

ジアウトレット広島

電話番号 082-941-7111
定休日 年中無休

第6位:三次ワイナリー(三次市東酒屋町)

第6位は、三次きんさいスタジアムや奥田元宋・小百女美術館と隣接し、ワインの奥深さを味わうことができる三次ワイナリー!!

画像引用:ひろしま観光ナビ公式ページ

店内に無料の試飲コーナーもあり、子供さんはぶどうジュースを飲む事ができます♪
予約すればワインの製造まで見学できるので、ワイン好きにはたまらない施設です!

ワインの原料となるぶどうの醸造から販売までの全ての工程を見学することができ、勉強にもなり興味深い施設です。

また、バーベキューガーデンやカフェもあるので、広島県産の広島和牛を堪能しながら、お好きなワインを飲むという贅沢な組み合わせを味わうことも可能です。

もちろん、未成年や車のドライバーさんは飲酒厳禁ですので、飲みたい方は公共交通機関で行かれるようにしてくださいね!

工場やカフェは室内で屋根があるので雨の日でも気にせず楽しむことができます。

三次ワイナリー

営業時間 9:30~18:00
休館日  12月29日~1月1日、1月~3月 第2水曜日

第7位:アレイからすこじま(呉昭和町)

第7位は広島の港町・呉にある、潜水艦をすぐ側で眺めることができる公園、アレイからすこじま!
誰でも自由に散策・入場できる公園ですが、公園の横が海上自衛隊呉基地の敷地となっており自衛隊の潜水艦や護衛艦を眺めることができる国内唯一の公園となっています。

画像引用:ひろしま観光ナビ公式ページ

『雨なのに公園??』とお思いますよね?
もちろん、晴れた青空の日であれば潜水艦や護衛艦の凛々しく威風堂々とした姿を目に焼き付け、細部まで眺めることができますので、良い天候であることに越したことはないのですが…
しかし!!!

薄暗い曇天から降り注ぐ雨で濡れる潜水艦や護衛艦の姿は格別です。

まるで映画のワンシーンを目の前で体感しているような気分も味わえます!

黒い艦体が雨に濡れると、艶と輪郭の見え方もあってか、まさに『鉄のクジラ』が鎮座しているようにも見えます!
雨の時だからこそ、是非アレイからすこじまへ行ってみてはいかがでしょうか??

アレイからすこじま

営業時間 9:00~18:00
休園日  なし

第8位:大和ミュージアム(呉市宝町)

第8位は小説やアニメなどの題材で多く取り扱われている、戦艦【大和】をテーマに造られた呉市にある博物館・大和ミュージアム!
本当の施設名は【呉市海事歴史科学館】というそうです。

日本一の海軍工廠の街として栄えた、海の街・呉。
戦後は日本が世界一の造船国として発展する一翼を担ったとも言われ、大和ミュージアム館内は戦後の戦艦や造船に関わるものが多く展示されています。

画像引用:大和ミュージアム公式ページ

10分の1スケールの戦艦大和はもちろん、人間魚雷や零式艦上戦闘機、巨大潜水艦【あきしお】など当時使われていたものの模型がずらりと並んでいます!

他にも、戦時中に神風特攻隊が使用していた高性能戦闘機『零戦』も展示されています。

ジブリ映画の『風立ちぬ』で主人公が設計した戦闘機という、世界的にも知れ渡っている戦闘機ですね。

完全室内の施設なので雨の日におすすめです。

大和ミュージアム

入場料 一般(大学生以上):500円、高校生:300円、小・中学生:200円
休館日  火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日休館)GW、夏休み、年末年始は営業

第9位:広島県立美術館(広島市中区)

第9位は、第3位で紹介した縮景園に隣接している美術館、広島県立美術館!

広島にゆかりのある平山郁夫、《編み物をする女》や《二重像》などで有名な曖光などの日本画家をはじめ、サルバドール・ダリやルノワール、モディリアーニなど洋画の巨匠の作品など、数多くの有名絵画が展示されています。

画像引用:ひろしま観光ナビ公式ページ

年に6回ほど特別展が開催されており、講演会やコンサートなど様々なイベントが行われることでも有名です♪

絵画のほかに彫刻や工芸、油彩画などの展示も行われています。

幅広い美術品を見ることができますので、時間を忘れて楽しむことができますよ♪

国の名勝・縮景園を間近で感じることができるため、四季折々の情景を楽しみながら名だたる巨匠の名作をゆっくり閲覧し、美術品や絵画の奥深さを堪能できること間違いなしです!

広島県立美術館

営業時間 9:00~17:00
所蔵作品展の観覧料 一般:510円、大学生:310円、高校生以下・65歳以上:無料
※特別展は別途。各展覧会によって異なります
休館日  月曜日、年末年始、展示替期間

第10位:湯来温泉(佐伯区湯来町)

第10位は広島の奥座敷としても親しまれ、川沿いに立ち並ぶ旅館と朱色の欄干が歴史を感じさせてくれる秘境の温泉、湯来温泉!!

世界有数のラジウム含有量と緑多き自然豊かな環境が一層温泉のぬくもりと優しさを感じさせてくれます。
開放感のある露天風呂や歩きつかれた足をほぐしてくれる足湯など、多種多様な入浴ができます。

湯来ロッジや河鹿荘では宿泊も可能です♪

画像引用:ひろしま観光ナビ公式ページ

またこの地域の名物で、食感がふぐ刺しに似ていることから名づけられた『山ふぐ』というこんにゃく料理や、すぐそばを流れる水内川で取れる新鮮なヤマメやニジマスを使った料理に舌鼓を打つこともできます♪

雨に濡れてしまうと体も芯から冷えてしまいがちですので、時間を忘れのんびりと温泉に浸かり、山の木々に滴る雨音やカジカなどの自然の動物たちの声に耳を傾け温もりを感じるのも良いですよね。

雨の日ならではの楽しみ方と言えるのではないでしょうか??

湯来温泉(湯来ロッジ)

入浴料 大人(12歳以上):570円、子供(4歳以上12歳未満):420円
営業時間 10:00~21:00

まとめ

いかがでしたか??
普段訪れている観光地でも、実は天気が変われば違う表情や異なった感じ方を得られる場所が実は多いんです♪

観光する日の天気が悪く雨が降っていたとしても気分を下げず、『雨だからこそあの場所に行って、違う景色を堪能してみよう!』と思っていただければ幸いです♪