宮島弥山の天空のパワースポット御山神社!!

今回ご紹介する、宮島の弥山にある御山神社。

 

多くの観光客が訪れる宮島の弥山にあって、あえて人が訪れるのを拒んでいるかのような場所にある神社です。

 

そのため観光客にも知られておらず、ほとんどの人が御山神社に立ち寄ることなく弥山を後にしています。

 

ただ、この御山神社は昔から弥山の聖域とされてきた場所にあり、とても不思議な空気が漂う場所でもあります。

 

私はこの御山神社こそが弥山で1番の見どころで、本当の意味でのパワースポットだと思っているので、今回はじっくりと御山神社をご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

御山神社

 

御山神社

弥山に登る場合、ロープウェイを使ったとしても、そこから頂上まで歩かなければいけないので結構な体力を使ってしまいます。

 

関連記事⇒宮島ロープウェイで弥山に登る所要時間と料金割引情報!!

 

そのせいか、消えずの火の霊火堂や展望台、本堂だけを見ただけで満足して帰ってしまう観光客の方が多いようです。

 

私が御山神社を訪れた時も、ロープウェーの臨時便が出るくらい弥山には沢山の観光客が居たのですが、御山神社では1人の観光客にも会いませんでした。

 

でも、私が個人的に弥山で1番おすすめしたいのは、霊火堂や展望台などよりも断トツでこの御山神社。

 

パワースポットマニアに有名な場所だけあって、この場所だけは本当に弥山の中でも空気が違います。

 

私は霊感と呼ばれる類のものは全くありませんが、そんな私が訪れても明らかに他とは空気が違うと感じる場所が御山神社です。

 

現在は厳島神社と同じく宗像三女神が祀られている御山神社ですが、実は明治時代まではこの御山神社には弥山の三鬼神が祀られていました。

 

つまり、神仏分離令で三鬼神が現在の三鬼堂に移されるまでは、ずっとこの御山神社が聖域とされていたということになります。

 

それは御山神社を訪れてみるとすぐに分かる事で、この場所は本当に空気が澄んでいて、他の場所とは明らかに空気感が違います。

 

御山神社はパワースポットという流行の言葉を当てはめるのも気が引けるくらいで、ここは本当に聖域という言葉が似合う場所です。

 

天空のお社

御山神社へは消えずの火で有名な霊火堂に向かって左側にある階段を下りていきます。

 

関連記事⇒宮島弥山の霊火堂~展望台までのパワースポット巡り!!

 

途中で分かれ道になっていて、看板が立っているので看板沿って進みます。

 

整備もされていない少し寂しい道になりますが、下っていけば5分も経たないうちに御山神社に到着します。

 

御山神社への道

 

山道を進んでいると目に飛び込んでくる朱色の社殿。

 

この階段から御山神社に行けますが、せっかくなのでそのまま通り過ぎて正面の階段から上がっていきましょう。

 

御山神社の周りの柵

 

正面の階段を上ると見えてくるのが3つ並んだ小さなお社。

 

御山神社正面

 

ここに厳島神社と同じく、

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)

が祀られています。

 

宮島弥山の御山神社

 

中央のお社の裏側は大きな岩。

 

霊火堂もそうですが、巨石の前に建物が建っているというとうのはよく見かける光景です。

 

こういった巨石に霊気が宿るのでしょうか?

 

御山神社の背後

 

入り口には『皇太子殿下御参拝』の石碑。

 

後ろに大正15年とあったので、昭和天皇陛下がご参拝されたんですね。

 

この地面を見てもらえば分かるのですが、御山神社は大きな岩盤の上に建てられています。

 

御山神社の皇太子殿下参拝の石碑

 

そして、繰り返しになりますが、この空間に流れている空気が本当に心地よく、日頃のストレスやうっぷんが全部浄化されてるんじゃないかというくらいの感覚になります。

 

実はこのブログに載せるために写真を撮りまくっていたのですが、途中からそれすらも申し訳なく思うほどの雰囲気。

 

もしかすると、本来、ここは人が気軽に足を踏み入れていい場所ではないのかもしれませんね。

 

なので、このブログでおすすめしたいけどしてはいけないような気がして、最後まで記事にするか悩んでいたのがこの御山神社です。

 

スピリチュアル鈍感な私がそんなに思うくらいの場所なので、御山神社に行かれる際は真摯な気持ちでお参りされるのがいいと思います。

 

その際は下記の記事も参考にして見てください。

 

関連記事⇒神社に参拝する時の正しい作法とお賽銭やお参りの時間帯について!!

 

ちなみに、ロープウェイの獅子岩駅から御山神社までの所要時間は歩いて30分くらいです。

 

★★この記事が役に立ったらシェア・応援クリックお願いします★★






スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ