広島〜福岡(博多)の交通手段は何が便利?新幹線と高速バスを比較して最安を紹介!

「福岡から広島へ行く場合の交通手段は何が便利?」

「新幹線のこだまとのぞみだと料金や時間はどれくらい違うの?」

「広島〜福岡間の移動は高速バスが安いのかな?」

広島〜福岡間の移動方法って、何が一番便利で安いのか気になりますよね?

結論を先にお伝えすると、広島〜福岡間の移動は「こだま」を使うのが最もおすすめ。

その理由は料金が安く、所要時間は「のぞみ」や「みずほ」とほとんど変わらないからです。

筆者は出張が多いので年に数回は広島と福岡を行き来しているのですが、ある裏技を使って「こだま」の切符を安く購入しています。

この方法を利用すれば通常8,740円のこだまが5,800円で利用できるようになります。

しかも所要時間は約1時間40分程度なので、「のぞみ」を使うのとたいして時間は変わりません。

では、「こだま」を安く利用する裏技とは何なのでしょうか?

それは普通にJRの窓口でこだまの切符を買うのではなく、近畿日本ツーリストが行なっている「めちゃ得!こだま号で行く博多片道プラン」という限定切符を買うことです。

簡単にいうと近畿日本ツーリストの用意している旅行プランを利用すれば、割引価格でこだまのチケットが買える訳です。

※期間限定商品で時期によっては販売されていないこともあるので詳細は公式ページでチェックしてください。

【↓お得な新幹線のプランはこちら↓】
近畿日本ツーリスト公式ページ

ワンポイントアドバイス

近畿日本ツーリストの公式ページでは、キーワード欄に【めちゃ得 福岡】と入力して検索すると便利です。

今回は広島〜福岡間を「安く」「早く」「お得」に移動する方法を解説するので参考にしてください。

広島〜福岡の移動手段は何がある?交通手段の料金と時間の比較!

広島から福岡へ向かうには大まかに分けて、

  • 新幹線
  • 高速バス
  • 自家用車

という3つのパターンがあります。

それぞれの所要時間や料金は下記の一覧のとおりです。

交通手段 所要時間 運賃
新幹線(のぞみ) 約1時間 指定:8,420円
自由:8,950円
新幹線(こだま) 約1時間40分 指定:8,420円
自由:8,740円
高速バス 約4時間30分 4,150円
自家用車 約4時間 7,340円

※どのパターンも「広島駅〜博多駅」の区間で計算しています。

※自家用車は山陽自動車道を使った時間と料金です。

このように、普通にJRの窓口で買ったこだまの切符を利用すると、のぞみの料金と変わらないので損をしてしまいます。

ただ、「めちゃ得 博多片道プラン」であれば5,800円なのでかなりお得になります。

【↓お得な新幹線のプランはこちら↓】
近畿日本ツーリスト公式ページ

 広島から福岡まで最も所要時間が短い交通手段は?

所要時間が最も少なく、短い時間で行けるのはやはり新幹線の「のぞみ」です。

のぞみの場合は約1時間で博多に到着します。

高速バスや自家用車で移動すると4時間かかるので、約4分の1の移動時間で済むことが分かりますね。

なので、とにかく移動時間を短くして早く博多〜広島間を移動したいという人は「のぞみ」を使いましょう。

普通の電車に乗っている感覚と変わらない感じで、ちょっと本を読んだりしているだけですぐに博多に着きます。

広島から福岡まで最も安く行ける交通手段は?

先ほど比較したように、広島〜福岡間の移動で最も安いのは高速バスを利用する方法です。

料金は4,150円なので往復しても交通費は10,000円を越えません。

そのため、コスパ重視で少しでも安く博多や広島に行きたい人は高速バスを使うのがおすすめです。

【広島〜博多の高速バス】
広福ライナー公式ページ

一番おすすめの交通手段を詳しく解説!

では、所要時間、料金を含めて最も好ましい移動方法な何なのでしょうか?

それは最初にお伝えしたように「こだま」を使うことです。

こだまの料金は自由席が8,420円で所要時間は約1時間40分です。

快速の「のぞみ」に乗れば同じ料金で所要時間が約1時間なので、広島〜博多間の移動でこだまを利用するメリットはないように思います。

ただ、「こだま」は近畿日本ツーリストが行なっている「めちゃ得 こだま号・限定ひかり号で行く 博多片道プラン」を利用すれば8,740円の指定席が5,800円で利用できます。

1時間40分で到着して5,600円なら、かなり良くないですか?

高速バスより少し高い料金で所要時間は半分。

特別プランを使った「こだま」での移動は、料金と移動時間のバランスがとても良い移動方法です。

【↓お得な新幹線のプランはこちら↓】
近畿日本ツーリスト公式ページ

実際にこだまで移動した感想

筆者は実際に広島〜博多間の移動は近畿日本ツーリストの「こだま」を使っています。

指定席で込み合うことも少ないので、ゆったりと座れるのが嬉しいポイント。

1時間40分という時間は本を読んだり動画を見ているとあっという間に過ぎてしまいます。

こだまは各駅停車といっても、広島と博多の間には

  • 新岩国
  • 徳山
  • 新山口
  • 厚狭
  • 新下関
  • 小倉

という6つの駅しかありません。

なので1つづつの駅に止まっても、たいして時間をロスしない訳ですね。

交通費を節約するために高速バスで移動していた時期もありますが、同じくらいの料金なのに疲労度が全く違います。

最速を求めるなら「のぞみ」一択ですが、料金と移動時間のバランスが良いのは「こだま」です。

下記の公式ページから「こだまの限定片道切符」を購入することができるので、広島〜博多間の交通手段を迷っている方はぜひチェックしてみてください。

【↓お得な新幹線のプランはこちら↓】
近畿日本ツーリスト公式ページ

車や高速バスは移動疲れに注意

筆者は全ての移動手段で広島〜福岡間を移動したことがあります。

その経験からお伝えすると、高速バスや自家用車での移動はあまりおすすめできません。

その理由は、移動だけでかなり疲れてしまうから。

旅行(出張)の目的は福岡や広島で観光や仕事をすることですよね?

それなのに移動時間に多大な時間を割いてしまうと、現地に到着した時点ですでに疲れているという状況になってしまいます・・(笑)。

高速バスは途中で2回の休憩がありますが、4時間以上バスの中に座っているのは結構きついです・・。

自家用車も同じで、高速道路の運転というのは結構疲れます。

さらに高速料金は新幹線よりも約1,000円ほど安いですが、これはあくまで 高速料金のみの値段。

ここにガソリン代が入ってくるので、最終的には新幹線の料金よりも高くなってしまいます。

もちろん運転が好きで自分のペースで行きたい方、博多駅近辺の土地勘がある方は自家用車での移動もアリだと思いま。

ただ、家族や友達と移動する時は交通費は大幅に抑えられますが、出張や一人での旅行などで車を使うのは基本的にはおすすめできません。

広島〜博多間の移動方法まとめ

広島から福岡まで向かう場合は、下記のことを頭に入れて向かうといいでしょう♫

  • 移動時間が短い方が良いという人は「のぞみ」一択
  • 自家用車での移動は家族や友達と一緒じゃないと高速代とガソリン代が高くつく
  • 安さ重視で時間に余裕がある場合は高速バスもあり
  • ただ、一番おすすめなのは「こだま」の特別切符を買うこと

広島や福岡では思う存分ショッピングを楽しみ、美味しいものをお腹一杯に なるまで食べ尽くしてほしいと思っています。

そのためには、やはり移動時間をどれだけ少なくし、観光時間に充てる時間を増やすかが重要になってきます。

移動疲れをなくして、思う存分仕事や遊びに集中できるようにするのがベストです。

なので、コスパと移動時間の良い交通手段を探している方には近畿日本ツーリストの「めちゃ得!こだま博多片道プラン」を使って移動するのがおすすめです。

近畿日本ツーリストの「めちゃ得!こだま号片道プラン」ってなに?

めちゃ得こだまというのは近畿日本ツーリストが販売している「広島〜博多」間のこだまの片道切符です。

普通に窓口でこだまの切符を購入すると8,740円かかるのですが、めちゃ得こだまなら5,600円で購入することができます。

ざっくり言うと、近畿日本ツーリスト(旅行会社)がこだまの席をJRからまとめて購入して、それを独自のプラン(ツアー)として販売している訳ですね。

よくある「2名以上から利用可」という条件もないので1人でも申込みはOK。

これを知っておけば、広島〜博多間の移動がとても便利で安くなります。

販売期間が決められているので、時期によっては「こだまめちゃ得ツアー」を実施していない時もあります。

新たに募集が開始される時に料金などが変わることもありますが、1年を通してだいたいの期間で取り扱いがあります。

高速バスや自家用車での移動よりも快適で「のぞみ」よりも安いので、興味があれば公式ページをチェックして見てください。

【↓お得な新幹線のプランはこちら↓】
近畿日本ツーリスト公式ページ