再会の約束!!宮島の伝説と大聖院の守り砂!!

宮島には、訪れた旅人の道中の無事を願って宮島の砂を持ち帰ってもらうという習わしがあったのをご存知ですか?

 

現在宮島では、宮島の神聖な砂を粘土に混ぜて焼いた、お砂焼き(神砂焼き しんしゃやき)という陶器がつくられているのですが、この陶器が砂をお守りとして渡していた慣習の名残だとされています。

 

お守りとして宮島の砂を持ち帰った旅人は、無事に旅ができたお礼に故郷の砂を持って再び宮島に訪れたそうです。

現代と違い、交通機関が発達していなかった時代は、旅がどれだけ過酷なものだったのかというのは想像に難くないと思います。

 

そんな過酷な旅の無事を願い、宮島の砂を持ち帰ってもらうという伝説・・。

 

つまり、聖域とされた宮島(厳島)の砂に、旅人を守ってほしいという願いが込められていたわけですが、実は旅の無事を祈るのとは別に、そこにはもう1つの想いが込められていたのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

守り砂伝説

 

再会の約束

願いがかなったお礼に再び宮島に訪れる。

こうして旅人と宮島の縁ができ、お守りとして砂を渡した人も旅人と再会することができますよね。

 

ここで1つ考えてみてほしいのですが、もしあなたならどういう人に宮島の砂を渡しますか?

難しい問題ではないですよね?

 

それは自分にとって大切な人や、再び会いたい人。

きっとそういう答えが返ってくると思います。

 

当時、旅をするというのは男性が多かったのではないかと思うのですが、この守り砂は好きな人の無事を祈ると共に、また再会するための願いも込められたものではないでしょうか?

 

守り砂は道中の安全を願うだけでなく、大切な人と再会するための約束。

そんな気がします。

 

守り砂とは?

現在、大聖院にはこの砂のお守りの伝説をアレンジした守り砂という商品があります。

 

 

同封されている『叶え紙』という紙に願い事を書いて、願い事が叶ったら砂を大聖院に返納するというものなのですが、この守り砂が大聖院の中でも人気のお守りになっています。

 

守り砂に使用されているのは大聖院の本堂に安置してある、豊臣秀吉ゆかりの不動明王の前で護摩祈祷されたお砂。

護摩祈祷とは護摩木を燃やしながらお不動様に祈りをささげる真言密教の祈祷方法です。

 

 

旅をするという事が大変なことではなくなった現代では、志望校の合格や、安産のお守り、また良縁祈願などのお願いをする方が沢山いるのですが、願い事が叶った後の守り砂を返納する場所には役目を終えた沢山のお砂が返納されています。

 

守り砂返納場所

 

大聖院のお不動様(不動明王)は豊臣秀吉や伊藤博文といった人物と深い関わりがあります。

特に伊藤博文の大聖院(三鬼大権現)に対する信仰の深さは顕著で、自費で弥山の登山道を修復するなどの活動を行なっています。

 

関連記事⇒宮島のパワースポット大聖院の3つの見どころ!!

 

2人とも低い身分から出世して権力を手に入れた人物ですが、歴史上で大きな飛躍を遂げたこの2人ともが大聖院と深い関わりがあったというのはただの偶然でしょうか?

大聖院は知る人ぞ知るパワースポットなので、もしかすると2人にも見えない力の導きがあったのかもしれませんね。

 

守り砂のすすめ

守り砂は願いを叶えるお守りとして自分で持つのもいいですが、大切な人へのお土産やプレゼントにも向いています。

 

相手の願いが叶うようにと守り砂をプレゼントし、願いが叶ったら2人で宮島に返納に訪れる。

そんな使い方もあります。

 

プレゼントした相手も守り砂を見るたびにあなたの顔を思い浮かべてくれるはずです。

守り砂はお守りでありながら、大切な人と再び宮島を訪れるご縁を結んでくれるアイテムでもあります

 

宮島に訪れた際には厳島神社だけでなく、大聖院にも訪れてみて下さいね。

 

守り砂の販売場所などの詳細は下記ページで確認できます。

 

↓↓守り砂 公式ページ↓↓

mamorisuna

 

関連記事⇒宮島弥山の霊火堂~展望台までのパワースポット巡り!!

 

★★この記事が役に立ったらシェア・応援クリックお願いします★★






スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ