宮島であなごめしを食べるならココ!!おすすめの人気店3選!!

宮島の牡蠣と並ぶ名物と言えば『あなごめし』。

 

漁師メシが始まりとされているあなごめしは、今では宮島を語る上で外せない名物となっています。

 

そんな訳で、今回は宮島に訪れた際には是非立ち寄りたい、美味しいあなごめしが食べられる、おすすめのお店の紹介です。

 

スポンサードリンク

anagomesi

 

あなごめし

広島に住んでいれば、あなごめしという言葉を聞くことが多いのですが、他県の人に話すと『あなごめしって何?』という返答が返ってくることがあります。

 

よく考えると、あなごめしというのは瀬戸内の郷土料理なんですね。

 

神楽などもそうですが、郷土の人しか知らない事を、さも常識のように話していた自分に少し反省です。

 

あなごとは瀬戸内海でよく獲れるうなぎに似た魚で、これを蒲焼にして御飯の上に乗せたものをあなごめしと言います。

 

簡単に言うと、うな丼のうなぎの替わりにあなごを使ったものですね。

 

宮島には人気のあなごめしのお店が沢山あるのですが、タレの味や盛り付けにそれぞれのお店の特徴があり、地元の人でも好みが分かれるところです。

 

今回はおすすめの人気店を紹介するので、この中から好みの味のお店を探してみて下さい。

 

うえの

まず最初は宮島口に店舗をかまえる『うえの』。

 

 

創業が明治34年と言う老舗です。

 

あなご飯の人気店うえの

 

店舗の前には行列が出来ていることもしばしばで、あなごめし(並)が1470円というお値段。

 

店舗の中で食べる事ができるのですが、駅弁としてあなごめしを販売したのが最初と言う事で、私の中でうえのはお弁当のイメージ。

 

なので、天気のいい日にはうえのであなごめし弁当を買い、宮島に渡ってから食べる事があります。

 

うちの祖父も宮島のあなごめしといったらうえのが有名だとよく言っていました。

 

和田

お店は静かな町屋通りからさらに奥という少し分かりづらい場所にありますが、お昼時はほぼ行列ができています。

 

宮島の人気あなごめし店和田

 

お店のメニューもあなごめしのみで、あなごが無くなれば営業終了という老舗のストロングスタイル。

 

 

和田のあなごめしは甘めの味付けながらさっぱりしているのが特徴で、あなご+甘めのタレ+御飯のバランスが絶妙です。

 

金額はお味噌汁とお新香がついて1800円。

 

宮島の和田のあなご飯

 

目立たない場所にあって席数も少なく、さらにメニューはあなごめしのみという和田ですが、それでも日々沢山の人が行列を作っているところをみると、本当の名店と言えるのではないかと思います。

 

ふじたや

うえのと並ぶあなごめしの人気店・ふじたや。

 

それなりにお値段もしますが、ミシュランで星1つを獲得していることから、味とサービスがお墨付きである事が分かります。

 

 

ふじたやも和田と同じく場所は分かりにくいのですが、常に行列が出来ている人気のお店です。

 

あなご飯のふじたや

 

情報によると、ミュージシャンの松任谷由実さんも訪れた事があるお店のようですね。

 

お店の中も田舎の定食屋という感じで、雰囲気がいいです。

 

運ばれてくるあなごめしは丼まで温めてある気配り。

 

ふじたやのあなご飯

 

御飯の量は少なめですが、その分あなごがしっかり乗っています。

 

味は煮魚のようにあっさりした味でいくらでも食べられそうな感じがします。

 

ふじたやのあなご飯のアップ

 

さらに、宮島産のあなごだけを使用するというこだわりよう。

 

こういったこだわりが上乗せされると、いっそうあなごめしが美味しく感じてしまいます。

 

料金はお吸い物とお新香がついて2300円。

 

まとめ

宮島にはこの他にもあなごめしの人気店は沢山ありますが、代表的なお店はこの3店舗ではないかと思います。

 

ふじたやと和田は、普通に宮島観光をしていたら気づかないような場所にあるので、いかに口コミで広がって人気店になったのかと言う事が分かります。

 

初めて宮島を訪れる人は、どこであなごめしを食べようか迷うこともあると思いますが、個人的には、お弁当を買って外で食べるなら『うえの』。

 

宮島に渡ってお店で食べるなら、『和田』か『ふじたや』をおすすめします。

 

関連記事⇒宮島でオールシーズン生牡蠣が食べられる人気の『はやし』!!

関連記事⇒宮島のランチに老舗の天ぷら!津久根島の天丼がおすすめ!

 

★★この記事が役に立ったらシェア・応援クリックお願いします★★






スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ