小さな子供と一緒に遊べる!マリーナホップの水族館と遊園地を紹介!

突然ですが、あなたはマリーナホップに行ったことがありますか?

もしかすると、「昔行ったことがあるけど最近は行ってないな~」という感じではないでしょうか?

 

正直、昔のマリーナホップはパッとした魅力がなく、アウトレットモールとしては微妙な感じでした・・。

しかし最近はマリホ水族館やドッグラン、おしゃれなお店が増えてきて、カップルや家族連れなどで訪れる人が増えてきています。

 

海の見えるレストランに海の見える公園、食べて遊んで楽しめて、更には海を間近に感じることができる場所って、よく考えたら素敵ですよね♪

 

ショッピングモールや子供と遊べる施設って、やはり利便性の良い街中にありがち…。

場所は悪くはないし交通も便利だけど、街中のビルばかりの景観ではなく、いつもとは違う風景を楽しみながら、子供も楽しませられるところはないだろうか…。

 

そんなことをお思いのパパさん・ママさん。

子供と一緒に食べて、遊べて、楽しめるスポットこそマリーナホップです。

 

今回は大人も子供も時間を忘れて楽しむことができる、海辺のテーマパーク マリーナホップの魅力について紹介していきます。

 

スポンサードリンク

マリーナホップってどんな場所?

マリーナホップは広島県が力と資金を注ぎ、旧広島西飛行場跡地にオープンさせた複合型のアウトレットモール。

2005年のホワイトデーにオープンしました。

 

マリーナホップ入口

 

中四国最大級で、県内唯一の海に隣接したショッピングモールです。

広島市西区観音新町にあり、三菱重工業㈱広島製作所や山陽高校のすぐそばにあります。

 

出店しているブランドが微妙なことから、一時は閑散とした雰囲気が漂っていましたが、マリホ水族館がオープンし、犬などのペットと一緒に買い物ができるお店が増えたため、再び活気を取り戻しつつあります。

 

どんなお店があるの?

モール内には、ABCマートやFLAVORなどと言った洋服や靴のお店はもちろん、ゴルフ用品のダイナマイト、工具専門のお店ASTRO PRODUCTSなど、働くお父さんも見てみたくなるようなお店も立ち並んでいます。

 

お腹が空いたらハンバーグやオムライスなどが食べれる飲食店やレストランが複数あり、お店は全て海沿いにあるため、窓側の席に座れば海を眺めながらおいしい料理と景色を楽しむことができます。

 

また、バーチャルバッティングやストラックアウトなど、体を動かして楽しめる施設や、思い出横丁というキッズ服やベビー服、昔懐かしい駄菓子を扱うお店もあるので、子供も飽きることなく楽しめます。

 

マリホの遊園地は小さい子供におすすめ

海側には小さな遊園地があり、海が一望できる観覧車もあるので、晴れた日に乗ればきれいな瀬戸内海を見渡すことができます。

 

 

遊園地の対象年齢は幼稚園児~小学校低学年くらいまでなので、その年齢の子にはピッタリの遊び場になります。

 

 

そして、小さな子共がいるパパとママが最も気になるのがおむつ替えや授乳室があるのかということ。

こちらもキチンと整備されており、施設内中央に2つあるので心配はいりません。

 

中は非常に綺麗で清潔に保たれているので、急な場合でも安心して使えると思います!

(ただし、人が多いので待たされることが多いので注意してください!)

 

子供が喜ぶマリホ水族館!入場料金などを解説!

2017年6月には、マリーナホップの敷地内に水族館(マリホ水族館)もオープンしています。

(宮島にあるみやじマリンは廿日市市なので、広島市では初の水族館となりました)

 

小さな水族館ですがコンパクトにまとまっているので、子供と一緒に見るのには丁度いいサイズ感。

大人が見てもなかなか面白い内容です。

 

入場料金は以下の通り。

 

マリホ水族館入場料金
大人(18歳以上) 900円
小中高生(6~17歳) 500円
幼児(3歳以上) 300円
シニア(65歳以上) 800円

※3歳以下は無料

 

年間パスポートが大人1800円、小中高生1000円、幼児600円なので、2回行けば元が取れる価格。

マリホ水族館は子供とのちょっとしたお出かけに丁度いいので、年間パスポートを買っておくのもおすすめです。

 

 

では、肝心のマリホ水族館はどんな感じなのか?

館内は瀬戸内海に生息する魚たちが展示されていたり、広島の川をモチーフにして、渓流の美しさを真横から見れるようにした水槽があります。

 

マリホ水族館のラグーン水槽

 

館内最大の水槽ラグーンホールでは、エイやサメなど割と大きな魚や、色とりどりの魚が優雅に泳いでおり、様々なイベントや催しもやっています。

(私が行ったときには、ダイバーの方による餌やりパフォーマンスをしていました)

 

ラグーン水槽でのダイバーによるエサやりイベントの様子

 

海や川の中の世界観、サンゴ礁と波間が見せるマリンブルーとの幻想的な融合は、日常を忘れさせてくれて、大人も子供も癒されること間違いなしだと思います!

 

水族館出口付近には広島カープにちなんだ鯉の池があるのですが、改めて鯉を間近で見ると、かなりかわいい顔をしていることに気づきます(笑)。

 

マリホ水族館の鯉の池

 

ドッグランやペット可のショップなど犬も一緒に楽しめる

マリーナホップ内には小さなドッグランがあるので、犬と一緒に遊ぶことができます。

しかもマリーナホップ内の多くのお店がペットを連れての入店が可能。

 

猫カフェもあるので、犬を飼っている方や動物好きの方にはおすすめです。

 

私は過去に少しだけマリーナホップ内のショップで働いたことがあり、先日、久しぶりに訪れたのですが、ちょっとおしゃれな空間が出来ていて、まだ人も少ないのでデートスポットには最適だなと思いました。

 

広島高速3号線が開通した事もあって宇品方面からでもかなり交通の便が便利になり、海沿いを通る道なのでドライブデートにも最適です。

 

夜のマリーナホップはデートにもバッチリ

実は、夜のドライブデートでマリーナホップを利用するのもおすすめ。

さらにマリーナホップの駐車場は無料で利用できるので、駐車代もかかりませんし、何より満車で止められないという心配がありません。

 

海の近くのライトアップされるスペースでは沢山のカップルが海を眺めながらおしゃべりをしています。

海に面しているので夜景が綺麗なわけではないのですが、ヨットハーバーを眺めながらのおしゃべりもいいものです。

 

 

こんな風に、現在のマリーナホップは夜のデートに使える穴場スポットに変貌しています。

マリーナホップといえば多くの人が知っていますが、夜にデートスポットとして使う人はまだまだ少ないので、一度、気になる人を誘って行ってみては?

 

マリーナホップへの行き方!交通アクセスを解説!

マリーナホップ(マリホ水族館)は広島市内の外れにあります。

 

 

電車などは通っていないので、交通手段は車かバスを使うのがベストです。

 

車であれば、国道262号線を空港通り方面に進み、広島ヘリポート北交差点を直進。

三菱重工業㈱広島製作所(観音工場)前を通り、海沿いに道なりに進むと到着します。

 

公共交通機関の場合、JR広島駅・横川駅はもちろん、八丁堀や紙屋町・本通りなどからでも、直通でマリーナホップ行きのバスが出ているので、これを利用するのが一番簡単です。

 

所要時間は町中から車で20分くらいです。

 

駐車場は無料?どれくらいの台数が止められる?

駐車場は約1500台分の駐車場があります。

なので、基本的に駐車場の心配はなく、いつ行っても無料で駐車できます。

 

ただ、イベントがある時の週末や連休などは来場客が非常に多く、混雑することもあります。

どちらにしても午後から混み合うことが多いので、時間に余裕をもって午前中に行く事をおすすめします。

 

また、海沿いのショッピングモールということで、結構風が強く吹いてきます。

夏は涼しいのでまだいいのですが、冬は身に応えるほど寒いので、防寒には十分配慮して訪れましょう。

 

まとめ

お子さんを連れて遊ぶのに、マリーナホップを利用するメリットは、

 

  • 海を間近に感じながら遊ぶことができる。
  • ペット連れで遊ぶことができる。
  • 水族館で海の生き物について理解度が増える。
  • 年齢に合わせた遊戯施設があるので、どの年齢の子でも遊べるものが多い。

 

という点ではないでしょうか。

街中と比較すると場所も端っこだしアクセスも悪く感じがちですが、ここ最近では集客も増えて、駅からのアクセス改善に力を入れているそうなので、徐々に良くなっているそうですよ♪

 

街中では味わうことのできない景観と楽しさを、この夏味わってみてはいかがでしょうか?

 

関連記事→渋滞を回避してマリーナホップから宮島に渡る裏技!!

 

宮島のホテルを探すときにはトリバゴというサイトを使うのがおすすめ。宮島のホテルや旅館を比較して最安値を提示してくれます。


★★この記事が役に立ったらシェア・応援クリックお願いします★★


スポンサードリンク






コメントを残す

このページの先頭へ