上りはホテルに下りはスタバ!!意外と便利な宮島サービスエリア!!

今回は宮島から少し離れて、宮島サービスエリア(宮島SA)のご紹介です。

 

宮島サービスエリアは上り線と下り線で分かれていて、それぞれが違った特徴を持っているパーキングエリアです。

 

最近はきれいでおしゃれなサービスエリアが増えてきていますが、宮島サービスエリアもその1つ。

 

下り線ではお花見の時期にはスターバックスでゆっくりとコーヒーを飲みながらお花見を楽しみ、上り線ではホテルに宿泊することもできる、便利なサービスエリアになっています。

 

スポンサードリンク

miyajima_sa

 

宮島サービスエリア上り

宮島サービスエリアの上りは、レストランやガソリンスタンドを備えた大型のSA。

 

広島土産はもちろん、焼き牡蠣やあなご飯といった食事も充実しています。

 

関連記事⇒宮島であなごめしを食べるならココ!!おすすめの人気店3選!!

 

そんな中で最も特徴的なのが、旅籠屋という宿泊施設(ホテル)があること。

 

旅籠屋は急速に店舗数を増やしているロードサイドホテル(素泊まり宿泊)ですが、SAにあるというのはまだまだ珍しいケース。

 

おそらくまだ3店舗くらいだと思いますが、その中の1店舗が宮島サービスエリアにあります。

 

宿泊料金もレギュラーシーズンであれば1人1泊5000円と、かなりお安く宿泊できます。

 

Link⇒ファミリーロッジ旅籠屋

 

宮島サービスエリアにはスマートICがあるので、気軽な一人旅であれば、宮島観光を終えたあとに宮島サービスエリアで宿泊して、次の日にそのまま高速で帰るという方法もありますね。

 

【スマートICとはパーキングエリアから高速道路に出入りできるETC専用の簡易インターチェンジのことです。】

 

下り線

個人的に大好きでお花見のシーズンに良く利用するのが宮島サービスエリアの下り線。

 

こちらも、食事からお土産、カフェにガソリンスタンドなど、何でもござれの大型サービスエリア。

 

とても広い芝生の広場があり、大鳥居んぼ向こうには宮島を眺める事もできます。

 

宮島サービスエリアの下りの桜と大鳥居

 

そして、意外と知られていないのですが、宮島サービスエリアの下り線は桜が植えられていて、穴場的なお花見スポットとしても利用できます。

 

しかもスターバックスの目の前に桜の木があるので、コーヒーを飲みながらおしゃれにお花見をすることが可能です。

 

宮島サービスエリアのスターバックス

 

『スタバでのひととき=超イケてる』と思っていた時期には良く利用していました(笑)。

 

『わざわざ高速に乗ってサービスエリアのスタバまでいかなくても・・・』と思うかもしれませんが、実は宮島サービスエリアの下りにはウェルカムゲートというものがあり、気軽にSAに入ることができます。

 

ウェルカムゲートは簡単に言うと、高速道に入らなくても一般道からサービスエリアに入れる通路の事。

 

スマートICを使って高速に入る前に駐車場が用意されているので、遊びに行く感覚でサービスエリアが利用できます。

 

今までのサービスエリアといえば、高速道路の途中にある休憩所という感覚でしたが、今はわざわざコーヒーを飲んだり食事をしに行くという人も多いようです。

 

確かに広い芝生の広場の中には子供用の遊具もあるので、休みの日に行くというのもいいかもしれませんね。

 

宮島SAの遊具

 

宮島花火大会

宮島のが見渡せるのであれば宮島の花火大会も宮島サービスエリアから見られるんじゃ?

 

と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、同じように考える人で花火大会当日、宮島サービスエリアは大渋滞となります。

 

花火大会の時間が迫ると、SA自体が閉鎖されてしまうため、早い人は午前中から場所取りをしています。

 

なので花火大会の日の利用はおすすめできませんが、ちょっとした休憩などには宮島サービスリアを利用してみるのがおすすめです。

 

関連記事⇒宮島観光に最適な1日500円以下のおすすめ駐車場!!

※宮島のホテルを探すときにはトリバゴというサイトを使うのがおすすめ。宮島のホテルや旅館を比較して最安値を提示してくれます。


★★この記事が役に立ったらシェア・応援クリックお願いします★★






スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ