2017年の桜の見頃と広島のおすすめお花見スポットまとめ!!

もう少しでお花見の季節がやってきますね。

 

2017年は暖冬の影響で例年よりも早く桜が咲きそうな予感がしますが、桜の開花や見頃はいつごろになるのでしょうか?

 

今回は宮島周辺のお花見スポットと、その中でも穴場と呼ばれる場所をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

2017年開花予想

2017年の桜の開花予想は4月初旬〜中旬ごろと予想しています。

 

また詳しい情報が発表され次第更新していきたいと思いますが、今年は4月中旬くらいにお花見の予定を組んでおいたほうがいいのではないかと思います。

 

おすすめの条件

私がお花見でおすすめする場所というのにはいくつかの条件があります。

 

まず、荷物などを運ぶことを考えると、近隣に駐車場があるか、交通の便がいいという事が大前提です。

 

それに加えて、ただ桜の木の下で宴を楽しむというだけでなく、風情がある場所というのが必須だと思っています。

 

それは昔の風景を思わせるような、歴史的建造物や、眺めの良さなど桜の木+αの要素です。

 

私は日本の歴史が好きなので、もっとも桜の花を際立たせる史跡・名勝+お花見といった観点から、おすすめスポットをご紹介したいと思います。

 

おすすめスポット

 

宮島

まず最初におすすめするのはズバリ宮島です。

 

厳島神社の社殿や五重の塔、千畳閣を眺めながらのお花見は何とも言えない風情があります。

 

宮島自体の空気というのか、独特の雰囲気で桜の花が際立って見えます。

 

 

少し足を延ばせば商店で牡蠣やその他の海の幸などのおつまみを購入することができますし、観光地だけあってトイレもたくさんの場所にあるのがお花見をする上で重要なポイントです。

 

関連記事⇒2016年に向けて!!桜が咲き乱れる宮島のお花見穴場スポット一覧!

 

広島城

広島城と聞いて、「定番じゃん・・・」と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、広島城の中で最もお花見を効果的に楽しめる場所を知っていますか?

 

 

このおすすめ穴場スポットでお花見をすると、普通のお花見とは一味違った雰囲気でお花見が楽しめます。

 

これは多くの方が見過ごしている場所なんですが、場所取りさえできれば本当に最高です。

 

その場所とはズバリ天守閣の真横。

 

真横と言っても天守閣の入口付近を陣取って、お花見する訳ではありませんよ。

 

方角で言うと天主閣の東側に石垣があるのですが、この石垣を登ると天守閣の真下でお花見ができます。

 

圧倒的な存在感を放つ天守閣の真下でのお花見は格別です。

 

錦帯橋

この錦帯橋も絶対に外せない最高のお花見スポットです。

 

景色やシチュエーションとしては宮島の厳島神社付近でのお花見に勝るとも劣らない、お花見スポットです。

 

 

ただ、錦帯橋はお花見シーズンになると、人がどっと押し寄せるため大渋滞となります。

 

昨年、お花見シーズンの真っただ中に車で出かけたのですが、平日だったにも関わらず錦帯橋に着く少し手前から大渋滞に巻き込まれ、駐車場に着くまでに1時間以上かかった記憶があります。

 

錦帯橋は素晴らしいお花見スポットである事は間違いないのですが、駐車場だけが問題ですね。

 

関連記事⇒錦帯橋でお花見!!駐車場やバーベキュー情報も!!

 

亀居公園(亀居城跡)

この亀居公園というのは、地元の方でないと聞きなれない名前かもしれませんが、私のおすすめスポットです。

 

広島方面から宮島を過ぎて、岩国に向かう途中にあります。

 

亀居公園は亀居城跡といって、その名の通り福島正則という武将が建てたお城の跡です。

 

 

今では建物はなくなっていますが、巨大な石垣が残る城内には沢山の桜が植えられています。

 

ここでも桜とお城の石垣という、最高の組み合わせでお花見を楽しむことができます。

 

また、お城の頂上(天守閣跡)部分に上ると、瀬戸内海が一望でき、さらに眼下に満開の桜を見下ろすことができるので、普段とは違ったお花見を楽しむことができます。

 

駐車場が少ないという欠点もあるのですが、是非訪れてみてほしいスポットです。

 

土師ダム

最後は史跡や歴史的建造物という部分からは遠ざかりますが、家族連れで楽しめるスポットをご紹介。

 

土師(はじ)ダムとは、安芸高田市八千代にある八千代湖の事です。

 

この土師ダムは湖の周りに6000本もの桜が植えられていて、広さが広い分、あまり周囲を気にすることなくお花見を楽しむことができます。

 

範囲が広すぎてどこでお花見をしたらいいか分からないという人は、1番メインとなる『のどごえ公園』を目指しましょう。

 

のどごえ公園は、夜桜を楽しむ人のために提灯が灯され、出店も登場します。

 

さらにトイレも完備されているという、お花見で盛り上がるための要素が全て詰まっているので、子供連れでも安心して楽しめます。

 

広い広場でボール遊びをしたり、レンタルサイクルといって、自転車を借りて湖の周りをサイクリングすることもできるので、お花見以外に子供と一緒に体を動かして遊ぶこともできます。

 

注意

お花見場所はかなりの確実で渋滞や混雑をしてしまいます。

 

これを回避するには、早い時間から動き、早い時間に撤収するのが一番効果的です。

 

渋滞に巻き込まれてしまうと、それだけでどっと疲れが出てしまうので、早め早めの行動を意識しましょう。

 

早く行動して、渋滞や混雑を避けられれば、他の人よりも余裕が生まれ、楽しいお花見になります。

 

★★この記事が役に立ったらシェア・応援クリックお願いします★★






スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ