広島城へのアクセスと駐車場情報!!天守閣以外の必見ポイント!!

広島の観光名所として外せない広島城

 

広島市民の間では、お花見の季節には沢山の花見客で盛り上がることでも有名です。

 

今回は観光で広島城を訪れた際に、お城めぐりを楽しむためのおすすめコースや、見所をご紹介します。

 

スポンサードリンク

駐車場とアクセス

広島城に訪れる際の駐車場は広島中央駐車場を利用しましょう。

 

中央駐車場をおすすめする理由は、天守閣に入場すると駐車場料金の割引サービスがあることと、駐車場から歩くと内堀から本丸へと広島城の見所を余すことなく見学できるコースになっているからです。

 

個人的には観光するには丁度いいコースではないかなと思います。

 

下記のリンクから駐車場周辺の地図が見れますので、この地図の表御門コースでお城めぐりを進めましょう。

広島中央駐車場

 

アストラムラインを利用する際は、県庁前駅が一番便利です。

 

バスの場合は、広島駅南口前バスのりばBホーム7・8・9番のりばから合同庁舎前経由のバスに乗って、合同庁舎前バス停で下車すると一番近いです。

 

天守閣入場料と開館時間

広島城の開館時間は下記のようになっています。

 

開館時間 9:00~18:00(入館は17:30まで)

12月1日~2月28日は9:00~17:00(入館は16:30まで)

ゴールデンウィークやお盆の期間は開館時間が延長されることもあるので、詳しくは下記でご確認ください。

 

広島城HP

 

入場料

  • 大人 370円
  • 65歳以上 180円
  • 高校生 180円
  • 中学生以下 無料

※上記は個人料金で団体割引もあります。

 

観光コース

まず最初に見えてくるのが復元された二の丸表御門や多門櫓、太鼓櫓です。

 

表御門

 

この二の丸の櫓や表御門は無料で中に入る事ができて、櫓内では復元されるまでの過程をパネル等で説明してあります。

 

また、資料を基に忠実に復元されているので、鉄砲狭間や格子窓などのつくりも本格的で見ごたえがあります。

 

二の丸櫓内部

 

二の丸は馬出しの機能を備えた場所で、外からは見えにくくなっています。

 

城が攻められた時などはここに兵が集り、ここから出撃していったものと思われます

 

広島城二の丸の内側

 

下の写真は中御門という門の跡で、直角に折れ曲がって敵の進路を変えると共に、背後や側面から攻撃できるようにしてあります。

 

中御門跡

 

中御門を抜け、天守閣に向かう階段を登ると、そこは本丸の上段になります。

 

日清戦争の時にはここに大本営が置かれ、天皇陛下が滞在されていたので、一時的にですが広島は日本の首都となっていました。

 

そして広島城天守閣へ

 

広島城天守閣

 

通常、観光で広島城を訪れる方は天守閣を見たらすぐに帰ってしまうのですが、広島城の見所はまだまだあります。

 

天守閣をでたら南小天守の石垣の傍にある階段で石垣の下におりて、天守閣の周囲を歩いてみましょう。

 

真下から石垣と天守閣を見上げてみると、また違った雰囲気のお城が楽しめます。

 

広島城天守閣下の石垣

 

このあたりの石垣は苔むしていて雰囲気が出ています。

 

広島城石垣と天守閣

 

そして注目したいのが下の石垣です。

 

右側と左側で石垣に使われている石の種類が違います。

 

これは、毛利輝元に代わって広島城の2代目城主となった福島正則が崩れた石垣を修復した部分だと言われています。

 

左側の加工した石を積まれている方が新しい時代の石垣です。

 

石垣の継ぎ目

 

このように比較してみると分かりやすいかも知れませんね。

 

時代の古い毛利氏時代の石垣は自然石をそのまま使い、福島氏時代の石垣は加工した石を使っています。

 

戦国時代から江戸時代にかけて石垣を造る技術が進歩した事が分かります。

 

石垣比較

 

しかし、この後に福島正則は江戸幕府に無断で石垣を修復したと言う理由で領地を没収されてしまいます。

 

広島城には福島正則が幕府に申し開きをするために石垣を壊したとされる部分もそのまま残っています。

 

調査の結果、この部分にも石垣があったことが分かっています。

 

福島正則が破却した石垣

 

広島城遺物

広島城天守閣は原爆投下によって一度浮き上がり、北側に崩れ落ちたとされています。

 

その後、木材などは生活に困った人たちが利用したと伝わりますが、瓦などはそのまま放置されているので、地面を見ながら歩いていると多くの瓦が埋まっているのが分かると思います。

 

東小天守付近の地面には誰かが掘ったのか、広島城の瓦が露見していました。

 

(もちろん史跡なので地面を掘ったり、遺物を持ち帰ったりしてはいけません。)

 

広島城の瓦

 

広島城に訪れた際は、こういった部分にも目を向けながらお城めぐりをしてみてください。

 

所要時間

このように天守閣に登って周辺をゆっくり巡るコースだと、所要時間(見学時間)は45分~1時間30分くらいかかります。

 

今回は戦国時代の広島城の見所を中心に紹介しましたが、城内には護国神社や原爆関連の史跡も点在しているので、全部見ようとしても2時間くらい見ておけば充分ではないかと思います。

 

※宮島のホテルを探すときにはトリバゴというサイトを使うのがおすすめ。宮島のホテルや旅館を比較して最安値を提示してくれます。


★★この記事が役に立ったらシェア・応援クリックお願いします★★






スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ